お客様感動の声

ISさまご家族【2】宿泊体験と工場見学へ

インタビューさせていただきました

ISさんご家族インタビュー
【2】宿泊体験と工場見学へ

トミソーの『郷の家』を選んだ決め手は何だったのですか?

ご主人

理由がコレとか、決め手はココと言い切るのは難しいのですが、トミソーさんの家が気に入ったのと人柄の印象が強くて、翌週も同じ会場で開かれていた完成見学会へ行ったんです。
自分がアトピーということもあり、今もそうなのですが、この場所にいると身体が楽なんですよ。
それもあって、今度は親と姉も一緒に連れて行きました。そしたら「ここなら、いいんじゃない」と賛成してくれたんです。

奥様

主人の身体のことを考えて、家はアトピーがひどくならない場所を選びたいと思っていました。
環境変化があったり季節の変わり目になったりすると、アトピーはどうしてもひどくなるので、少しでも体調が安定する場所が見つかればと考えていました。
「自分の建てた家でも、体調が悪くなるような場所だと、そこにいられない」という話も聞いたこともあったので、ずっとリラックスして心地よく暮らせる家がいいなと、それだけでした。
あとは住みやすさですね。家事動線や収納などについても、希望を叶えてもらったんですよ。

ご主人

それと薪ストーブです。最初はそれほどこだわっていなかったのですが、トミソーの木村社長に、火を見ているだけで幸せな気持ちになれて、心が落ち着くと教えてもらったんです。
ちょうど姉の家に薪ストーブがあったのでいろいろ話を聞いてみたのですが、薪の手配などお金は必要になる部分があるけど、薪ストーブを選んだことに後悔はしていないと言っていました。
『郷の家』と薪ストーブの相性のよさを聞いて、自分たちの家にもほしいという気持ちが強くなりました。

奥様

説明を受けたときに、どんな木でも燃やせると聞いたのと、トミソーさんでブリケットを販売してくださると教えてもらったのも、薪ストーブを選んだ理由です。
木を調達したり乾燥させたりする手間がないというのを知って、それなら薪ストーブ初心者の自分たちでもできるという自信が持てました。

工場見学や宿泊体験はどうでしたか?

ご主人

新潟に行ってモデルハウスを何棟か見た後に、その中の一つで宿泊体験をしました。
工場を見学して、職人さんの手の込んだ仕事を経て木材が加工されていることや『夢ハウス』の品質へのこだわりを知ることができました。
現場を見ると、実際に建てた家を見る目も変わってきますよね。見学に行ったときに『夢ハウス』のみなさんの挨拶が素晴らしかったのが印象に残っています。
本来なら仕事の手を止めてしまうので、邪魔しているようなものなのですが、それも気にせずに丁寧に挨拶していただきました。
そういう方々の手を通って完成する家だから、自分たちも安心して暮らすことができます。

奥様

その日も『夢ハウス』の栗林さんに案内していただいたのですが、山菜採りが趣味ということを何気なく伝えたら、車を走らせて山菜が生えている山へ連れて行ってくださったんです。
山うど、たらの芽、わらびなど、段ボールいっぱいの山菜を採りました。当日はモデルハウスで自分たちで夕食を用意しなくてはならなかったのですが、おかずは山菜づくしの天ぷらになりました。

ご主人

実際に宿泊してみて、やっぱり落ち着くなと実感できました。暑くもなく寒くもなく、とても快適でした。
宿泊する前から、トミソーさんで家を建てようと思っていたのですが、なかなか言い出せなくて宿泊体験から帰ってすぐに「お願いします」と伝えたんです。
事前に見積もりをお願いするのが一般的ということすら知らなかったので、木村社長にはかなり驚かれました。